大変な引っ越しを楽にする!マジック利用で

小分けにしたまま移動

引っ越しで、荷物を段ボール箱に詰める作業と、引っ越し先に到着して、またその段ボール箱を開いて荷物を片付ける作業があるので、できるだけ効率よくまとめておいて梱包すると楽になります。
小物も書類も、小箱や袋にまとめて小分けにしておき、段ボールに詰めると、新居での片付けも早くできます。
荷物を段ボール箱に詰めた時に、箱の外側の上と横の2か所に、行き先の番号を決めて大きくマジック太字で書いておき、行き先の収納する新居の部屋を指定して、新居見取り図にも同様に番号を記入しておくと、引っ越し業者にあらかじめコピーして渡して説明しておけば、業者搬送する時にも簡単に仕分けできるので、いちいち探して確認する手間が省けて迅速に引っ越しが完了します。

梱包荷物の行き先指示

衣装ケースで引き出し式の物で、同色の同じ物を揃えて多数購入してボックス代わりにすることも、新居に到着してからの整理が楽になります。
季節の衣類のみ箪笥に片付けるだけで、使わない季節の物は衣装ケースそのままで取り敢えずクローゼットに積んでおくだけでも整理できます。
ワレモノの陶器類やコップ類は、包装紙に一つずつ包んで立てて段ボール箱に入れて、隙間は埋めてフタをします。
箱の表書きに、キッチンワレモノと2か所記載しておけば、間違いなく新居のキッチンに到着するでしょう。
冷蔵庫の水抜きも事前に必要です。
パソコンのもしかのバックアップも事前にしておくと安心です。
家族みんなに見取り図等で説明しておくと、不安がなく円滑に引っ越しが成功します。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top