効率良く配置を考える

引っ越し計画表を作る

引っ越しが決まったら、引っ越し日の3週間前程度からは具体的に行動しなければ間にありません。
余裕があると精神的にも楽なので、アニメ状態で目が渦のようにならないように、何でも早目に済ませておくことが必要です。
引っ越しの計画表などを時系列にまとめてみると、漏れがなく予定を立てながら他の用事と並行して進めていけます。
引っ越しの繁忙期があり、引っ越し業者の料金体系も高額になるし予約も取れなくなるので、見積りを取って早目に1社に決めて依頼して段取りを行うことが大切です。
転勤などで自分が急いで先に赴任して、家族が後で引っ越しをする場合など、事情で引っ越しの荷造りができない時は、引っ越し業者に梱包一式を依頼するパックなどもあります。

自分に合った引っ越し

引っ越しの料金は、依頼者の荷物の量や引っ越し先の地域によって違うので、引っ越し業者の長短所を調べて比較して、自分好みのプランを考える方が失敗しにくいので、情報を調べましょう。
2週間前までには、新居の土地柄や、生活にかかわる買い物のできるスーパーや、学校、病院の場所などを調べて、情報収集しておきましょう。
知り合いが住んでいる様なら、必要な情報を教えてもらうことも、不安がなくなり助かります。
転校先のことや学校の手続き、住所変更も済ませましょう。
そして、家中の使わない物から計画的に、段ボールに梱包していきます。
一度詰めたら、再度開けることのないようにして手間を省くためにも、衣類や食器など引っ越し当日まで使うものは分けて、どんどん作業を進めましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top